武雄焼のうつわ×各地の物産をちょいのせ!

2018 / 11 / 13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今年で13回目となる「たけおの物産まつり」が、11月17日(土)、18日(日)の2日間、武雄市文化会館で開催されます。若楠ポークや佐賀牛の特売をはじめ、市内の特産品が大集合します。
武雄市観光協会ブースでは毎回大好評の「ちょいのせどんぶり市場」!

好きな武雄焼のうつわを選び、これまた好きな具材をちょいちょいっとのせてもらい、物産まつりオリジナル丼を楽しむ企画です。

まずはその楽しみ方をご紹介

①好きな武雄焼のうつわを選ぶ

②お支払い(2,000円)うつわ+ちょいのせ具材チケットです

③新米のさがびより(8年連続特A評価受賞!)をよそってもらう

④ちょいのせしたい具材を各ブースに行き、のせてもらう

⑤てんこもりのちょいのせどんぶりを楽しむ!


具材はこんなにたくさん!どれにしようか迷いますね~

 ホタテ(岩手県陸前高田市)

 ホルモン(岩手県陸前高田市)

 猪のしょうが焼(武雄市)

 猪メンチカツ(武雄市)

 佐賀大豆ふくゆたかのカレー(武雄市)

 武雄味噌カツ(武雄市)

今年、武雄市の“新たなグルメ”として生まれました。やわらかい肉質にまろやかな脂身が特徴の武雄が誇るブランド豚肉「若楠ポーク」を豚カツにして、角味噌醤油株式会社が開発した「味噌ソース」をかける『武雄味噌カツ』にこうご期待!

具材をすべて試したい!という欲張りなあなた!新米さがびよりはおかわり自由なので、具材チケットのみをお買い求めいただければコンプリートもできちゃいます。

召し上がったあとのうつわは包んでもらえるので、持ち帰りも楽々。ミニどんぶりサイズなので、丼もの、煮物、サラダなどいろいろな料理に映えますよ!

週末は武雄の物産まつり会場へお越しくださいませ💛

武雄市営業部観光課

武雄市は開湯1300年を誇る武雄温泉、400年来の焼き物、樹齢3000年の3本の巨木を擁する歴史あるまちです。
花・グルメなど素敵なスポットに囲まれている一方で、全国的に知名度を上げたきっかけにもなった武雄市図書館や九州オルレなど、新しいものや取り組みが日々生まれています。
2017年には武雄市こども図書館もオープン。もっとたくさんの方に武雄を知って、来ていただきたいと思います!

記事一覧

武雄市役所公式サイト

オススメ記事今の季節におすすめの観光スポット!