日本最大級の竜神大吊橋バンジージャンプにチャレンジ!茨城県常陸太田市

2017 / 11 / 21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

茨城県常陸太田市ってどんなところ?

南北40kmと縦に長い市域を誇る常陸太田市は、山と緑に囲まれた穏やかな自然が自慢のまちです。
古くから林業が発展しましたが、独特の気候と土壌の恵みである常陸秋そばは、香り、風味で全国的に知られ、そば通あこがれのブランドとなっています。また、ブドウなどの栽培も行われ、人気の味覚となっています。
観光スポットとして竜神大吊橋、里美牧場などの施設は年間を通じて観光客が訪れます。また、温泉施設も豊富にあり、日帰り温泉など近隣から多くの人に利用されています。
歴史的にも佐竹氏ゆかりの佐竹寺をはじめ、徳川光圀の隠居所となった西山御殿(西山荘)などは常陸太田市に欠かせない存在です。
四季折々のイベントも豊富で、「常陸秋そば」の発祥地で、新そばの食べ歩きが出来、常陸秋ではフェスティバル里山フェアは秋の風物詩になっています。また、旧市街地の鯨ケ丘商店街はレトロな街並みが残されており、古い蔵や建物を利用したギャラリーや駄菓子屋、カフェなどがオープン。新たな魅力が賑わいを呼んでいます。

常陸太田市のおすすめスポット

竜神峡

山田川の支流である竜神川が、十数kmにわたる原生林を長い時間をかけて浸食して造りだしたV字形の峡谷です。切り立った岩場を流れる清流に沿って歩いていくと、数多くの滝や淵、瀬などを目にすることができます。

竜神峡

竜神大吊橋

「竜神大吊橋」は、茨城百景の一つにも挙げられている竜神峡に架かる鋼橋です。平成6年(1994年)の開通以来、毎年多くの観光客が訪れる一大観光スポットです。
橋長は375メートル歩行者用の吊り橋としては日本でも有数の長さを誇り、地上高100メートルの橋上から望む八溝・阿武隈山系の山並みや水府の街並みもさることながら、橋の中ほどに設置されたアクリルの透過板から見下ろす竜神ダムの湖面も見逃せません。
鯉のぼりまつりや灯ろうまつり、紅葉まつりなど、四季折々イベントが開催されます。

竜神大吊橋
住所:〒313-0351 茨城県常陸太田市天下野町2133−6 MAP
電話番号:0294-87-0375
営業時間:8:30~17:00(強風や雷などにより通行が制限される場合があります。)
渡橋料金:大人/310円、小人(小・中学生)/210円 ※団体(30人以上)割引あり
HP:http://ohtsuribashi.ryujinkyo.jp/

竜神カヌー

日本最大級の竜神大吊橋とバンジージャンプを見上げながら、竜神ダム湖にてカヌーを体験することが出来ます。ダム湖のため流れが少なく、インストラクターの指導の下で行うので、初心者の方でも気軽に参加できます。

体験応募や詳細はこちら

竜神バンジー

高さ最大100メートルとなる竜神大吊橋バンジージャンプは、シーズン常設開催サイトとしては日本最大級となり、竜の形をした湖上に架かる、歩行者専用の橋として日本最大級の長さを誇る竜神大吊橋から、四季折々姿を変える圧巻の絶景を臨み、湖面に向かってジャンプします。何十回と飛んでいるバンジーファンの方や、高い場所を得意とするバンジーのスタッフでさえ「想像以上のスリル」と口を揃えます。

住所:〒313-0351 茨城県常陸太田市天下野町2133−6 MAP
営業時間:9:00~17:00(16:30最終受付)
※営業時間が延びる場合もあります。
※安全のために営業休止場合もあります(台風、雷、大雪等)
定休日:年中無休
HP:http://www.bungyjapan.com/ryujin/

西山の里・桃源

徳川光圀公の隠居処であった西山御殿(西山荘)の入口にある休憩施設。200名収容の飲食コーナー、郷土の物産コーナー、展示コーナー、観光案内コーナーのほか、約5000㎡の大駐車場を完備しています。
また、西山御殿と桃源を結ぶおよそ8000㎡の園地は、池や橋を配した庭園になっており、四季折々の花々が咲き誇るほか、「花菖蒲祭り」や「お月見の夕べ」など、季節感あふれるイベントを多数開催しています。

住所:〒313-0007 茨城県常陸太田市新宿町576 MAP
電話番号:0294-73-1300
営業時間:9:00~17:00
定休日:なし
HP:http://www.life-manage.jp/nishiyama/

佐竹寺

佐竹寺は、平安時代末期から江戸時代にかけて常陸国を支配した佐竹氏代々の祈願所。大同2年(807年)の開山、あるいは寛和元年(985年)に花山天皇の勅願を受けて元密上人が創建したとも言われています。本尊の十一面観音像は、安産や厄除けなどに御利益のあるとされる仏様で、坂東三十三観音二十二番霊所にもあたることから、巡拝者が絶えない古刹としても広く知られています。

住所:〒313-0049 茨城県常陸太田市天神林町2404 MAP
電話番号:0294-72-2078
HP:http://www.geocities.jp/s_satake_ji/

西金砂神社

西金砂山の頂上にある神社で、祭神は大己貴命と国常立命と少彦名命。社地は自然林に囲まれた西金砂山の一帯を占めており、御神木の老杉・大イチョウ・大サワラなど、茨城県の天然記念物にも指定されている名木の数々を見ることができます。
72年ごとに行われる大祭礼や、6年毎に行われる小祭礼。それらの際に奉納される田楽舞(ともに茨城県指定文化財)でも名を馳せています。

住所:〒313-0101 茨城県常陸太田市上宮河内町1915 MAP
電話番号:0294-76-9251
紹介ページ:http://www.kanko-hitachiota.com/page/page000039.html

東金砂神社

東金砂山の頂上に位置する神社で、祭神は大己貴命と少彦名命。山田川の谷を挟んで西金砂神社と対をなしています。樹齢約500年を誇る御神木のモチノキは茨城県指定文化財。72年ごとに行われる大祭礼や毎年2月11日(旧暦正月3日)に行われる嵐除祭、また、それらの際に奉納される田楽舞などでも知られています。

住所:〒313-0351茨城県常陸太田市天下野町9040 MAP
電話番号:0294-85-1638
紹介ページ:http://www.kanko-hitachiota.com/page/page000040.html

常陸太田市の美味しいものはこれ!

常陸秋そば

常陸太田市は、全国のそば職人から最高峰の評価を得ているブランド品種「常陸秋そば」の発祥の地として広く知られ、市内の金砂郷、水府、里美の各地区は、山間地特有の昼夜の気温差が大きい気候と、傾斜地に拓いた畑の土壌を生かした、良質なそばの産地として江戸時代から名高く、現在も盛んにそば栽培が続けられています。

つけけんちんそば

城県北地域ではダイコン、ニンジン、ゴボウ、サトイモ、イモガラなどの野菜やこんにゃくがたっぷり入った「けんちん汁」に、そばを浸しながら食べる「つけけんちんそば」が郷土料理として伝わっています。

 

【情報提供】
(一社)常陸太田市観光物産協会
お問い合わせ:0294-72-8194
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オススメ記事今の季節におすすめの観光スポット!