ねぷた祭りがあつい!伝統的なお祭り、建造物が残る黒石市の魅力をご紹介

2017 / 08 / 10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

青森県黒石市は、十和田八幡平国立公園北西の玄関口に位置し、藩政時代の城下町として栄えました。今もその当時の独特な建造物を残す趣のある街並みが特徴的です。郊外には約400年の歴史を持つ温湯温泉郷を含め4カ所の地区で温泉を楽しむことができます。
黒石市の観光スポットから、穴場スポット、グルメ、お土産まで紹介します。

黒石温泉郷

黒石市おすすめの観光スポットは?

中町こみせ通り


藩政時代から今に残る木造のアーケード「こみせ」が特徴で、「日本の道百選」にも選ばれています。商人達が多く訪れる町として、四季を通して人々が往来出来るようにと設置されたのが始まりで最盛期には最長数kmとも言われています。「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されています。

中野もみじ山


黒石市の小さな嵐山「小嵐山」と呼ばれる中野もみじ山。1802年に、藩主が京都から百余種の苗を取り寄せて中野不動尊へ奉納したのが始まりとなり、現在では黒石市を代表する紅葉の名所として愛されています。

黒石ねぷた祭り


50台以上の神輿や、扇ねぷた・人形ねぷたが出陣し、迫力ある祭りで街は盛り上がります。子どもから大人まで、元気な掛け声や、街の熱気、ねぷたばやしの雰囲気を楽しむのはいかがでしょうか?

開催日時:7月30日~8月5日
※うち合同運行は7月30日、8月2日の2日間。

黒石よされ


「日本三大流し踊り」と呼ばれる盆踊り。「エッチャホー、エッチャホー」という掛け声が飛び交い、廻り踊り、組み踊り、流し踊りの3つの踊りで構成されている盆踊りです。

開催日時:8月15日、16日

親子で遊ぶならここ!

津軽伝承工芸館工芸製作体験


津軽伝承工芸館は、津軽の伝統的な文化を発信する施設です。ウッドクラフト、津軽塗、温湯こけし絵付けなどの工芸製作体験を通して、津軽の伝統文化に触れることができます。予約が必要になりますので、事前にお問い合わせください。
電話番号:0172-59-5300

黒石市穴場スポットはここ!

小見泉

こみせ通り「津軽こみせ駅」駐車場には、八甲田山系の伏流水が湧き出る「小見泉(こみせん)」美味しい水をご自由に飲むことができます。こみせ通りの造り酒屋でも使われる水ですので、黒石市を代表する隠れたスポットとなります。

黒石市グルメといえばこれ!

黒石やきそば


独特の太麺が特徴の黒石やきそばは、中華麺が普及し始めた当時に中華麺用の刃が無かった製麺所にて、うどん用などの幅広の刃を使って切断した背景から、現在まで太麺の「黒石やきそば」として市民に親しまれています。

黒石つゆやきそば


黒石つゆやきそばは、香ばしく焼き上げた黒石やきそばにあっさりした和風出汁をかけて食べる黒石のご当地B級グルメです。ご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」へも連続出場した実績もあり、黒川市に訪れた際は是非ご賞味ください。

おすすめお土産

黒石市には、特産品から伝統的な工芸品、多種多様なお土産が人気です。黒石市観光の思い出にいかがでしょうか?

地酒

鳴海酒造

黒石りんご

黒石りんご

こけし

オススメ記事今の季節におすすめの観光スポット!