【移住促進イベント】新潟県のゲストハウスオーナーらが登壇する移住促進イベントが東京で開催!!

2018 / 09 / 19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

移住相談件数がなんと全国2位(2017年)!!

新潟県は、2017年の移住相談件数が全国2位(1万4889件)となり、移住先として注目されているエリアってご存知でしたか?

今回SOTOday編集部よりご紹介させていただくイベント情報は、新潟への移住検討者等を対象にした移住促進イベント「地域旅×新潟-Local Life Trip-」です!

2018年9月19日(水)に有楽町「ふるさと回帰支援センター」にて開催されるイベントでは、「地域旅」をテーマに、離島やセルフリノベーションでゲストハウスを開業したオーナーらが登壇。地域で起業し、地域コミュニティと日々関わるライフスタイルの魅⼒についてトークセッションや懇親会を⾏います。

東京開催!!移住促進イベント「地域旅×新潟-Local Life Tr地域旅×新潟-Local Life Trip-ip-」

旅は旅でも“地域旅=地域とつながる旅”。

旅は旅でも地域旅。その先にある新潟という地。ゲストハウスはそんな物語の出発地点である。
ステレオタイプの観光旅行ではなく、知られていない地域の魅力と体験を通して発見することもある。
新潟の「地域旅」に取り組み、自己実現を追及する先輩から未来の自分の姿を探してみよう。

マガジンハウス『コロカル』のライターであるコヤナギユウさんと、
新潟でゲストハウスを経営している、青柳花子さん、
三浦大輔さんがトークセッションを行います。

世界、全国を旅しローカルの魅力を知りつくしたコヤナギさんが、2人のゲストハウスオーナーの成功の秘けつを解き明かします。

「にいがた暮らしに興味のある方」「地域とのつながりを見つけたい方」「地域に暮らすように旅をしたい方」「新潟県にU・Iターンしたい方」参加費は無料ですので、お気軽にご参加ください。

イベント概要

日 時:2018年9月19日(水)18:45~20:20
場 所:ふるさと回帰支援センター(東京都千代田区有楽町)
参加費:無料
定 員:35名

イベントスケジュール

18:15 開場
18:45 オープニング
18:50 トークセッション
『地域旅×新潟-Local Life Trip-』
19:50 グループ意見交換
20:20 クロージング

※会終了後、会場を移して懇親会を開催(参加自由 / 参加費3,500円)

「地域旅×新潟-Local Life Trip-」登壇者プロフィール

⻘柳花子(ゲストハウスオーナー/おむすびのいえ/粟島浦村)


新潟市出身。旅⾏やボランティアを通じて粟島を訪れるなかで、「自分のペースで、自分らしく⽣きていける」場所として粟島に移住。
保育⼠、観光船のスタッフ、⺠宿のお⼿伝いなどを経て、クラウドファンディングを活用し、古い空き家を改修。2016年にゲストハウス「おむすびのいえ」をオープンする。島⺠とのつながりが深い超地域密着型のゲストハウスとして、粟島を訪れる人や、島⺠との交流の場となっている。

三浦大輔(ゲストハウスオーナー/ねまる/⻑岡市)

⻑岡市出身。仕事を辞め、自転⾞に乗って全都道府県を制覇する日本⼀周の旅を敢⾏。
いつかは故郷の⻑岡でゲストハウスを!という想いから、県外のゲストハウスなどで働いた後、2017年にセルフリノベーションによって、⻑岡市与板地域にゲストハウス「ねまる」をオープン。畑仕事などをやりながらご近所の人たちの助けを借りて運営。ゆったりとした空気が流れる「ねまる」には、県外からも多くの人が訪れ、地域の魅⼒を伝える観光拠点となっている。

コヤナギユウ(コロカル編集者/新潟のつかいかた編集者/新潟市出身)

新潟市出身。高校卒業後給食のおばさんとして上京。働きながらやりたいことを探し、ライターに転職。
その後、イラストレーター、デザイナーを経て独⽴。デザイン業務の傍ら、書籍の編集・出版や地域に短期移住してトラベルライターとしての撮影・執筆も⾏う。媒体は自身のブログのほか、朝日新聞デジタルや、マイナビニュース、コロカルなど。カナダ観光局オーロラ観光⼤使、チェコ親善アンバサダーを務める。神社検定3級、日本酒ナビゲーター、日本旅のペンクラブ会員。

本イベントへのお問合わせ・お申込

にいがたイナカレッジ
電話:0258-39-5525
メール:info@inacollege.jp
※詳しくは、『にいがた暮らし』で検索

「にいがた暮らし」公式サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オススメ記事今の季節におすすめの観光スポット!