芸術の秋!日曜画家による作品展をご覧あれ。|長野県木祖村

2018 / 09 / 04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今年で32回を迎える歴史ある作品展

木曽川最上流域にある「源流の里」木祖村は、「日曜画家の村」でもあります。

かつて、藤田嗣治などの著名な画家が逗留して作品を残し、最盛期には全国のキャンバス画枠の80%以上を生産していたこともあり、昭和55年に「日曜画家の村」を宣言しました。その後、昭和62(1987)年に第1回の「全国日曜画家中部日本展」が開催され、途切れることなく今年で第32回を迎えることができました。芸術の秋、ぜひ「日曜画家の村」木祖村を訪れてみてください。

【開催期日】10月6日(土)~10月14日(日)午前9時~午後5時(最終日は午後4時まで)
【開催場所】木祖村社会体育館(〒399-6201 長野県木曽郡木祖村大字薮原1191-1)
【入  場  料】無料

みどころ

今年度応募のあった作品をすべて展示。その中から最高賞の長野県知事賞を含む計40賞が選ばれます。地元の小学生が描いた元気いっぱいの絵や、過去の最高賞受賞作も併せてご覧いただけます。また、木曽美術会展も同時開催。スケールの大きな作品も多く展示されます。

初日の10月6日(土)13:00から審査委員長によるギャラリートークを開催。それぞれの絵画について丁寧にご解説いただけますので、絵画への理解が深まること間違いなしです。

スケッチマップ完成しました!

今年度、木祖村のスケッチポイントをまとめた「木祖村スケッチマップ」が完成しました。展覧会期間中にも配布いたしますが、木祖村役場商工観光課の窓口にも常時設置してあります。欲しいけどなかなか木祖村まで来られない、という方もぜひ下記問い合わせ先までご連絡ください。

お問合せ先

やぶはら高原イベント実行委員会事務局
℡:0264-36-2766
E-mail:yabuhara-event@kisomura.com

 

木祖村役場商工観光課

長野県木祖村は2,000m級の山々に囲まれた自然豊かな山あいの村です。木曽川の最上流に位置することから「源流の里」として、下流域の皆さんと水を守る取り組みを進めています。

伝統工芸品の「お六櫛」や木工芸品、キャンバスの生産など産業分野が有名で、御嶽はくさいやトウモロコシ、木曽牛、漬物や蕎麦などの味覚もお楽しみいただけます。平成28年4月に木曽郡が「日本遺産」に選定されたことで、さらに活気づくこと間違いなしです。

記事一覧

木祖村役場公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オススメ記事今の季節におすすめの観光スポット!