【上島町】魚を釣りに瀬戸内、島の旅へ!

2018 / 09 / 03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

愛媛県上島町をご存知ですか?

愛媛県上島町は、瀬戸内海のほぼ中央、芸予(げいよ)諸島に属する離島だけでできた町です。気候は温暖少雨の瀬戸内海式で、冬期にもほとんど積雪はありません。そのおかげで、島々が幾重にも連なる風光明媚な瀬戸内海の景色が堪能できます。
上島町の魅力を皆さんに知ってもらうために、ちょっとご紹介させていただきます!

魅力① 手軽に離島の気分を味わえる

今治から船やクルマで、尾道からクルマでいずれも一時間程度。三原からは船で40分弱で直接上島町(立石港)に入れます。クルマで町内に入るには因島土生港や生口島洲江港から必ず船に乗りますが、乗船時間は5分〜20分程度ですので、たいへん気軽に離島の非日常体験ができます。

魅力② 懐かしい風景に出会える

まちの中を歩くと、ありのままに営まれる島の人々の暮らしが見えます。築100年を超える古民家、時間が止まったかのような古い看板、そして見知らぬ旅人にも挨拶をしてくれる子どもたち——現代人が忘れかけていた、原風景のような暮らしの姿がここにはあります。

魅力③ 身近に自然にふれあえる

小さな島ですので、当たり前のように身近に海があります。島の人々は昔からその海からの恵みを受けて暮らしてきました。またまちの後ろには山も控えていて、燃料や食料など、つい近年まで山林も貴重な生活物資の供給源でした。上島で触れ合うことができるのは、そういった物語のつまった自然なのです。また瀬戸内の海は波が静かで、まるで湖のよう。優しい自然に囲まれて、穏やかな時間を過ごせます。

秋の魚を釣りに上島町へ

夏の暑さも少しずつ落ち着き、間もなく秋を迎えようとしています。
気づけば愛媛県上島町の海辺では、魚釣りをする方の姿が少しずつ増えてきました。

海は島の宝です

海に囲まれている島だからこそ、海の美しさを感じながら釣りを楽しんで頂けると思います。
何といってもたくさんの島が集まってできる多島の景色は特別なシチュエーション!せっかく釣りをするならきれいな海で楽しみたいという方に、ぜひとも上島町を選んで頂ければと思います。

ちなみに、町内には魚のエサや釣り道具を販売しているお店はありませんが、だからこそ程よい人の数の中で快適な釣りを楽しむことができます。絶好の穴場と言えるでしょう。

これからの季節、上島町までフィッシングトリップにいかがでしょうか!

なお、海の幸カレンダーもありますので、年間を通しての釣れる魚が一目でわかります!

9月の上島町 瞬の魚介類!

・アコウ
・ウマヅラハギ
・ギザミ
・コウイカ
・タチウオ
・チヌ

冬から春にかけても、たくさんの種類の魚を釣ることができますよ!
また、釣りは地元の海を分かっている漁師にお任せもできます。仕立て釣り、磯釣り、磯渡し、遊漁船もあります。

【フィッシングみかみ(魚島)】
瀬戸内海の真ん中にぽっかり浮かぶ魚島の遊漁船です。
URL :http://www.fishingmikami.com
電 話:090-8718-6848
メール:mikamifi@m10.alpha-net.ne.jp
【よし正(岩城島)】
岩城は、岩城本島・赤穂根島(あかほね島)・津波島(つば島)の三つの島からなります。本島でも釣りは楽しめますが、醍醐味はやはり赤穂根島と津波島での船釣りです!
URL:http://www.yoshimasa.jp/beach/umi.htm
電話:0120-37-4403

皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

上島町観光協会 公式HP

上島町島おこし協力隊

瀬戸内海にある愛媛県上島町は、25個の島からなる離島の町です。
海・橋・船・みかん・レモンといった、瀬戸内の島ならではの風景とくらしがあります。
そんな島の日常や風景を、協力隊員の目線や、活動を通して発信していきます!!

記事一覧

上島町島おこし協力隊facebookページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オススメ記事今の季節におすすめの観光スポット!