【北海道 今金町】ピリカ旧石器文化館 改装オープン!!

2018 / 04 / 18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

北海道の南部、道南エリアに位置する 今金町(いまかねちょう)からお知らせです☆

北海道、渡島半島の付け根に位置する今金町は、日本海と太平洋(内浦湾)のどちらにも移動しやすいエリアで、主に農業が盛んな地域です。

町内には国指定史跡・旧石器時代の出土品を展示する「ピリカ旧石器文化館」があり、4月1日より改装オープンしております。

 

今金町マップ

旧石器時代の暮らしを復元したイラストを新設し、分かりやすさを前面に打ち出した展示物が多数、出展されています。

今回、改装記念として、入館料を1年間無料にして、当施設がある美利河(ピリカ)地区などの観光振興も目指しております。

見どころは、ピリカ遺跡を見下ろす縦2メートル、横1・4メートルほどの巨大イラストや、デジタル検索コーナー、体験型コーナー、音声ガイダンスのシステムなどが導入されているところです。

 

最寄りの駅はJR函館本線「長万部(おしゃまんべ)駅」で、

駅前より函館バスが運行する 今金・せたな 方面行きの路線バスにご乗車いただき、「美利河ダム前」下車、徒歩5分ほどの場所にあります。

 

みなさまのご来館をお待ちしております!!

今金町役場まちひと交流課

今金町は北海道渡島半島の北部に位置していて、南に「八雲町」、北に「島牧村」、東に「長万部町」、西に「せたな町」とそれぞれ隣接しています。 わが町は道南エリアでは珍しく、海岸に接しておらず、山に囲まれた内陸地となっており、“農業のまち”として日本一の品質を持つ【今金男しゃく】が有名な町です。 場所は札幌市から約3時間30分ほど、函館市から約2時間ほどの距離に位置します。 一年を通して、今金町は様々な催事やイベントが行われ、町外からもたくさんの人が訪れる町です。

記事一覧

北海道今金町役場公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オススメ記事今の季節におすすめの観光スポット!