ふるさと納税で国産の美味しいワインを貰いませんか?

2018 / 04 / 12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは「ふるさと納税」を利用した事はありますか?

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体を「寄付」の形で応援する制度です。
生まれ育ったふるさとや応援したい自治体を選び、自分の住む町ではなくその地に寄附を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されるふるさと納税制度は、寄附のお礼の品として、地元の農産物や工芸品、さらには旅行ツアーなどをもらえることで、大きな注目を集めています。

ところで、ワインというとフランス・イタリア・スペインなどのヨーロッパや、チリ・アルゼンチンなどの南米地方を思い浮かべる方が多いと思いますが、日本の国内でも上質なワインが製造され、国際的な評価が高まっていることをご存知でしょうか?

今回は、純国産の日本ワインにこだわり、ブドウを自社栽培、自社醸造するワイナリーを有する広島県三次(みよし)市をご紹介いたします。

中国地方の真ん中に位置する広島県三次市をご存知でしょうか?

中国自動車道と中国やまなみ街道が交わるこの街は、ふらり寄ってくのに実にちょうどいい場所です。
自然や文化、レジャーにスポーツ、グルメも盛りだくさん。1日では満喫できないから、気軽にちょくちょく寄ってほしい、ついつい寄り道したくなる街、それが三次市です。

三次市産のブドウ100%の日本ワインをふるさと納税で!

三次ワイナリーは広島県一のブドウの産地です。

広島県三次市でスタッフの熱い思いとたゆまぬ努力の蓄積により事業を展開しています。
自社園・専用圃場を確保し、三次産100%のブドウと清らかな水を使用したこだわりのワイン造りに努めています。

収穫時は、全て手摘みで行い、一つひとつを選別しながら丁寧に行います。
醸造現場には、最新の設備を完備。理想の味を追求するとともに、安心・安全なワイン造りにも取り組んでいます。
造り手一人ひとりのたゆまぬ努力が、この土地ならではの味わいにつながっています。

三次ワイナリー
住所:〒728-0023 広島県三次市東酒屋町10445-3
お問合せ先:0824-64-0200
三次ワイナリーホームページ

広島県三次市では三次産のブドウを100%使用されたワインをふるさと納税返礼品として扱っています。
広島県三次市「ふるさと納税」(ふるさとチョイス)

各農園での品質向上

広島県北部に位置する三次市の東酒屋、上井田、畠敷の3地区の広大な敷地に、自社農園と契約農家の専用圃場が連なります。自社農園では、赤ワイン用の「シラー」、「メルロー」、「ピノ・ノワール」などのヨーロッパ品種を、契約農家では、人気の品種である白ワイン用の「シャルドネ」や日本の品種である「小公子」などを育てています。

各農園で栽培方法が異なり、自社農園では垣根式を、契約農家では伝統的な棚式を採用しています。収穫できる量は、品種や樹の状態、粒の大きさによりさまざまで、例えば、自社農園のピノ・ノワールの場合、1枝に1房と収量を制限しているため、1反あたりの収穫量は500kg。また、契約農家においては、通常9月末から10月初旬に収穫するブドウを、一部10月末まで引き伸ばす「遅摘み」を取り入れています。

品種やワインのイメージに合わせた栽培をすることで、より味わい豊かなブドウになるのです。各農園で試行錯誤を繰り返しながら、日々、品質向上に努めています。

安心安全な醸造で理想の味を追求

ワインの醸造は、簡単にいえば、ブドウを潰して果汁を発酵させるというもの。

赤、ロゼ、白、スパークリングと、醸造方法はそれぞれ異なります。造り手は、果実から味わいや香りなどを引き出すため、ブドウの仕分けはもちろん、発酵の温度や時間、使用する樽など、細部にまでこだわって醸造しています。

また、三次ワイナリーの醸造現場には、破砕したブドウから果汁を搾る圧搾機、果皮や種子と一緒に発酵させる醸しタンク、発酵を促すステンレスタンク、最新瓶詰作業ラインといった設備も完備。理想の味を追求するとともに、安心・安全なワイン造りに取り組んでいます。

広島県三次市「ふるさと納税」(ふるさとチョイス)

ワインだけじゃない!三次市は日本酒も有名なんです!

広島県三次市では、ワイン以外にも、古くから酒づくりも盛んです。

創業1923年―美和桜酒蔵―

酒蔵のある三次市三和町は、澄んだ空気と清らかな水に恵まれた酒造好適米「八反錦」「八反」「千本錦」のふるさとです。

蔵元自ら、米作りから手掛けることにより「より良い品質の酒米、より上質の酒造り」に情熱を傾けています。また自社精米により、お米を磨き、しっかりとした麹を造り、味と香りのバランスを意識して酒米の旨みを最大限に引き出す酒造りを目指しています。

お礼品の純米吟醸酒・純米酒は、濃厚でありながらのどごしがよく、透明で澄んだ味わいのお酒です。

江戸時代から続く―山岡酒蔵―

山岡酒造は中国山地にほど近い三次市甲奴(こうぬ)町に位置する酒造元です。

創業は江戸時代・宝暦年間。
原料米にこだわり、仕込み水は県内有数の酒造用名水「甲奴町有田湧水(中軟水)」を使用しています。少数手作りの醸造管理をおこない、上槽は昔ながらの櫓しぼりをおこなっています。

日本酒本来の味と香りを追求し山間地に漂う朝霧のようなのどごしが特徴です。

100年以上の歴史ある―白蘭酒蔵―

古くは三次市吉舎(きさ)町地域の酒造元として、100年以上備北三次の地でお酒を醸し続けてきた酒蔵です。主に三次周辺の米を使用するなど、地元の素材を生かした酒造りをしています。

また、白蘭酒造では液化仕込みと手造りの併用で酒造りを実施するなど先進的な取り組みを続けております。

地元三次産の酒米、八反錦で仕込んだ大吟醸酒や純米原酒。造りそのものだけではなく、個性溢れるユニークな商品の数々も白蘭酒造の特徴です。

三次市の美味しい日本酒もふるさと納税で頂くことができます。
広島県三次市「ふるさと納税」(ふるさとチョイス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オススメ記事今の季節におすすめの観光スポット!