枝幸町の3大海産物〜ほたて編

2018 / 02 / 02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

年間総水揚げ量約3万t

枝幸町3大海産物のひとつ[ホタテ〕

本格的な漁が始まるのは6月ごろからで11月くらいまで、約半年に渡り漁が行われます。

枝幸町のホタテは肉厚で味もよく、地元では貝つきのまま売られておりますが

加工品として町外へは、ホタテの貝柱(乾燥)や玉レイ(冷凍)などとして売られております。

枝幸町3大海産物〜ホタテ

 

小学校でホタテを使った調理実習


さすが!漁師町!!

地元の小学校では、ホタテを使用した調理実習が行われます!

慣れた?手つきで子供達が、貝から身を取るところから始めます。

身を取った後、耳と貝柱と分けて水でよく洗います。


今回の調理内容は、貝柱の塩茹で・貝柱のバター焼き・耳のバター焼きの3点です!

まずは、貝柱の塩茹で。

お湯を沸かし、塩を入れた鍋に豪快に貝柱をいれていきます。


軽くかき混ぜながら数分で出来上がり!!!

次は、貝柱と耳でバター焼き。

おぼつかない感じですが、みんな懸命に焼いてます!

調理が楽しいのもあるし、早く食べたいのもあるし・・・。

焦がさないよう火を調節しながら上手に焼いておりました。

出来上がり!!!

地元ならではの食材を使った調理実習。

小学生たちは、自分たちが作った料理をみんな喜んで食べてました!

枝幸町地域おこし協力隊

海・山・川!自然豊かでさまざまな表情を見せてくれる北海道枝幸町は、ロケーションは最高です!
食の幸も、海のもの・山のものが豊富にあり、その素晴らしさを発信していきます!

記事一覧

枝幸町地域おこし協力隊facebookページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オススメ記事今の季節におすすめの観光スポット!