宮崎県内一、人口の少ない村には癒しの場所やおいしいものがたくさんあった!宮崎県西米良村

2017 / 10 / 25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

西米良村(にしめらそん)ってどんなところ?

西米良村(にしめらそん)は宮崎県の中央西部、熊本県との県境に位置し、面積の約96%が山林です。春は山桜、夏は清流、秋は紅葉、冬は雪景色など、四季折々の風景が楽しめる自然豊かな村です。
人口は約1200名で、宮崎県内一、人口の少ない村ですが「生涯現役元気村」を目標に、小さな子どもからお年寄りまで元気に暮らしています。

西米良村のおすすめスポットは?

西米良温泉ゆた~と

西米良村の中心地である村所地区にある“美人の湯”として評判の温泉。
館内で食事ができるほか、コテージも隣接しており、一泊夕食・入浴付でお一人様3,800円(税込。2名様以上で予約可)からお泊りいただける宿泊プランもあります。
※プランが利用できるのはゴールデンウィーク、7・8月以外となります。

住所:〒881-1411 宮崎県児湯郡西米良村大字村所260-6 MAP
電話番号:0983-41-4126
※宿泊プランに関するお問い合わせや予約は下記まで。
→米良の庄 0983-36-1833
営業時間:
≪入 浴≫ 4~10月 10:00~22:00
     11~ 3月 10:00~21:00
≪食事処≫11:00~15:00(オーダーストップ14:00)
     17:00~21:00(オーダーストップ20:00)
≪軽食コーナー≫ 4~10月 10:00~21:30(オーダーストップ21:00)
         11~3月 10:00~21:00(オーダーストップ20:30)
定休日:毎月第3水曜日、元旦
HP:http://www.yutato.com/

おがわ作小屋村

おがわ作小屋村

おがわ作小屋村_内観

かやぶき屋根の食事処で四季の食材を使った16種類の料理を小皿に盛る「おがわ四季御膳」(1,300円)を食べることができる。
地域で採れた約30種類の食材を使用している。コテージも隣接しており、一泊二食付きでお一人様4,400円(税抜)から宿泊することができる。

住所:〒881-1302 宮崎県児湯郡西米良村大字小川254 MAP
電話番号:0983-37-1240
営業時間:
≪売 店≫10:00~17:00
≪食事処≫10:30~15:00
≪桃源郷の宿コテージ≫チェックイン  14:00~17:00
           チェックアウト 12:00
定休日:毎月第4水曜日、年末年始

川の駅 百菜屋(かわのえき ひゃくさいや)

日本一の木造車道橋「かりこぼうず大橋」が目印。店の名前には、さまざまな品物が並ぶ「百菜」という意味と、百歳まで元気に頑張ろうという「百歳」の意味が込められています。

オススメは肉厚のシイタケを使った「シイタケ南蛮」。村の元気なおばちゃん達との交流も魅力のひとつです。

住所:〒881-1411 宮崎県児湯郡西米良村大字村所208-1 MAP
電話番号:0983-41-4125
営業時間:
≪売 店≫ 9:00~17:00
≪食事処≫10:00~15:00
定休日:年末年始

湖の駅

一ツ瀬ダムの湖畔にあり、食事と買い物をすることができます。

そばころ

店長が自ら手打ちしたそばを使ったコロッケ「そばコロ」が絶品です。
また、一ツ瀬ダムは日本有数のヘラブナ釣りのポイントで、湖の駅では釣りのコツを教えてくれます。

住所:〒881-1301 宮崎県児湯郡西米良村大字越野尾132-35 MAP
電話番号:0983-37-1660
営業時間:8:00~17:00
定休日:12月31日、1月1日

菊池記念館

米良を治めていた菊池氏のご子孫、菊池武夫公が余生を過ごされた館です。
館内には武夫公の遺品や書簡などがあり、当時を偲ぶことができます。
歴史民俗資料館も隣接しており、米良の民俗文化を学ぶことのできる資料が収蔵、展示されています。

住所:〒881-1411 宮崎県児湯郡西米良村大字村所2-2 MAP
電話番号:0983-36-1020
開館時間:9:00~16:30
休館日:年末年始
料金:無料
※歴史民俗資料館は入館料200円。毎週月曜が休館日。

西米良村の特産物は?

米良糸巻き大根

幾重にも筋が入ることから、その名がついた米良の在来種の大根。収穫期は毎年11月から2月。
普通の大根に比べ、糖度が2度ほど高く、生で食べても甘さが感じられるほどです。調理しても煮崩れしにくく、食感はカブのように柔らかいのが特徴。
販売所→川の駅 百菜屋、西米良温泉ゆた~となど

米良ジビエ

ジビエとは、鹿・猪などの野生鳥獣のお肉のことです。村内にある加工施設で、捕獲後すぐに血抜きなどの処理ができるため、米良ジビエは独特の臭みがありません。
ジビエの中でも、鹿肉は高タンパク質、低カロリー、鉄分豊富で女性に嬉しい食べ物となっています。

米良ほおずき

鮮やかな朱色の実の先まで綺麗にスッと伸びている大きなハート型なのが特徴。出荷は7月下旬から8月中旬まで。
7月下旬に西米良温泉ゆた~とで「ゆた~とホオズキ市」も開催される。

西米良村のグルメは?

西米良サーモン

マス系とイワナ系を掛け合わせ、西米良の清流で育てた「西米良サーモン」。
通常のサーモンよりもさっぱりした味わいとなっています。
村内では西米良温泉ゆた~とのお食事処で食べることができます。

おがわ四季御膳

おがわ作小屋村で食べることができる「おがわ四季御膳」(1,300円)。
16の小皿に地元のおばちゃん達の手料理が並んでおり、見た目にも華やか。日常の喧騒から離れ、ホッと一息、つくことができます。

西米良村のおすすめイベント?

カリコボーズの四季まつり

春夏秋冬に分け、3~5月を「カリコボーズの春めぐり」、6~8月を「カリコボーズの夏あそび」、9~11月を「カリコボーズの秋づくし」、12~2月を「カリコボーズの冬まつり」と題し、大小問わずのイベントを毎週末、村内どこかで行なっています。
山間に暮らす人々の心を込めたおもてなしで、心も体も癒されてください。

お問い合わせ先:西米良村観光協会 0983-36-1111
※その他、詳細イベントについては随時、観光協会までお問い合わせください。


【情報提供元】
西米良村役場 むら創生課
お問い合わせ:0983-36-1111
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オススメ記事今の季節におすすめの観光スポット!