300種5,000株のダリアが咲く町「福島県塙町(はなわまち)」山・水・花の魅力を満喫する旅へ行ってみた!

2017 / 10 / 13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回、SOTOday編集部女子2人が、ダリアで町おこしに燃える「福島県東白川郡塙町(はなわまち)」に行ってきました!

なぜダリアなのか?塙町の魅力はダリアだけなのか?実際に行って確かめてきました!

その前に塙町(はなわまち)ってどこにあるの?

福島県の南端に位置する町「塙町(はなわまち)」。人口は約9千人。茨城県北茨城市、高萩市と隣接し、町の中心部には、「鮎の里」として有名な久慈川が流れています。8割以上が緑豊かな自然にあふれた塙町は、別名「山と、水と、花のまち」と云われています。

塙町といえば、町名のとおり「」。4月~5月上旬にかけて、約4,000本の山つつじや、夏から秋にかけて町のシンボルであるダリアが咲きます。

特にダリアについては、町全体で力を入れていますが、その理由は後ほど。
まずはゆるキャラ「ダリちゃん」と、塙町の体験取材を動画予告でご覧ください。

これがダリちゃん。はやくゆるきゃらグランプリで優勝する姿が見たいです!

塙町の魅力を動画予告!

それでは塙町で体験した魅力をどどーんとご紹介します!

塙町を体験して見つけた6つの魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オススメ記事今の季節におすすめの観光スポット!