春夏秋冬それぞれの美しさを有する、芸術文化の根付くまち│新潟県十日町市

2017 / 09 / 29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新潟県十日町市ってどんなところ?

新潟県の南部にある十日町市。川や山などの豊かな自然に恵まれ、豊かな食や美しい観光スポットを楽しめます。
自然景観だけでなく、2月の雪まつりや、3年に1度の国際芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」など芸術性の高いイベントもあり、織物などの伝統文化と現代アートが融合した芸術文化の根付く街です。四季折々の楽しみ方がある十日町。1年を通していつ訪れてもたくさんの魅力に触れられます。

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ

十日町市のおすすめスポット

棚田

十日町市には四季折々の美しい景観を魅せてくれる棚田があります。安らぎを感じる農村の原風景として多くの人々に愛されてきました。緑ゆたかな田んぼや里山、生き物等、貴重な自然と景観が受け継がれていることから「にほんの里100選」に選ばれています。

星峠の棚田(夏)

蒲生の棚田(冬)

温泉

十日町市をぐるりと囲む山々は、私たちが住む里山にあらゆる恵みを与えてくれます。温泉もそのひとつ。日本三大薬湯「松之山温泉」の他にも、市内各地で泉質が異なる、変化に富んだお湯を楽しめます。

千手温泉

松之山温泉(鷹の湯)

国宝 火焔型土器

今から4500年ほど前の縄文時代中期中頃に造られた土器で、大きく立ち上がる把手が、燃え盛る炎のように見えることから「火焔型土器」と命名されました。十日町市博物館で、縄文時代からの人々の歩みと共に古代のロマンを鑑賞できます。

国宝 火焔型土器(十日町市博物館)

十日町市のイベント情報

へぎそばの里越後十日町「地そば」まつり

十日町の蕎麦は「布海苔」という海藻をつなぎに使った、独特のコシと歯触り、のど越しの良さが特徴です。そんな「地そば」を存分に楽しめるイベント。市内外の名店が一堂に会し、各店の味を食べ歩きできます。

開催地:越後妻有交流館キナーレ1階回廊
〒948-0003 新潟県十日町市本町六の一丁目71-26 MAP
電話番号:025-757-2323(へぎそばの里越後十日町「地そば」まつり実行委員会事務局)
開催日:2017年10月21日(土)・22日(日)
開催時間:10:00~15:00
HP:http://cross10.or.jp/jisoba/

十日町市の美味しいものはこれ!

へぎそば

「へぎ」と呼ばれる木製の器に一口サイズに手繰って盛り付けられます。
つなぎに海草の布海苔(ふのり)を使用し、コシが強くのど越しが良いのが特徴です。十日町は織物の産地でもあり、布海苔は、織物を織る際の糊付け用として使われていました。この布海苔をそばのつなぎとして使用するようになり、独自の味わいが生まれました。

十日町雪まつりの公式キャラクター「ネージュ」

雪の妖精。十日町雪まつりの公式キャラクター。ネージュはフランス語で「雪」という意味。
生みの親は、十日町市松之山出身の「ZUCCa」ブランドで有名な小野塚秋良(おのづか・あきら)さん。十日町市のPRなど季節を問わず活動しています。

【情報提供】
十日町市 産業観光部
お問い合わせ:025-757-3100
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オススメ記事今の季節におすすめの観光スポット!