夕日が照らす最上川と、対馬海流に浮かぶ美しい島飛島│山形県酒田市の自然の魅力をまるっとご紹介!

2017 / 09 / 29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

酒田市ってどんなところ?

酒田市は、北に鳥海山、南に月山(がっさん)を望み、雄大な庄内平野の中央を流れる最上川の河口に開かれたまちです。江戸時代には西廻り航路が開かれ、北前船交易により、湊町、商人のまちとして飛躍的に栄え、交易により、上方(現在の大阪や京都)などの文化が伝わりました。平成29年4月28日には、荒波を超えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~が日本遺産に認定されました。
また、鳥海山麗の自然の恵みも数多く、山形県随一の落差63mを誇る名瀑「玉簾の滝」を有するほか、今から1000万年以上大昔の海底火山の噴火と長年の波や風雨によって、削られてできた飛鳥があり、平成28年9月9日には、鳥海山・飛鳥ジオパークが日本ジオパークに認定されました。
豊かな自然の恩恵を受けて育つ庄内米は全国でも有名で、庄内米を使った日本酒もまた格別です。

玉簾の滝

今回、自然の恵み溢れる山形県酒田市の、観光スポットから、酒田市で開催するイベント、グルメ、特産品を紹介します。

酒田市のおすすめスポット

酒田市のシンボル「山居倉庫」


江戸幕府の御用商人であった河村瑞賢が、北前船の西廻り航路の開拓により、各藩の蔵米や幕府領が集まりました。下関を廻り、瀬戸内海から大坂(現在の大阪)を経由して、江戸へ城米を直送できるようになりました。

北前船交易の重要な中継地であった酒田市は、東北随一の商業都市へと成長しました。
明治26年(1893年)に建造された山居倉庫は、米どころ酒田のシンボルです。現在も米の保管場所として使われているため、歴史を肌で感じることができるスポットです。
また、18:00~22:00は、一年中ライトアップが行われているため、夜のお散歩としてもオススメです。

山居倉庫ライトアップ

住所:〒998-0838 山形県酒田市山居町1-1-8 MAP
HP:http://www.sakata-kankou.com/spot/165

自然と伝説の島「飛島(とびしま)」


酒田港より北西約39kmの距離にあり、周囲を暖流(対馬海流)が流れていることから年平均気温が高く、北と南の動植物が混在しております。
植物は、常緑広葉樹を始め、寒地系植物が混生しています。また、固有種であるトビシマカンゾウなどのユリ科の花が、初夏に黄色やオレンジの群落をつくります。
海も温暖で透明度が高く、スルメイカやトビウオなどの暖流に乗った魚のほか、タラやメバル、大型のタイ類やワラサなど多様な魚種に恵まれています。
渡り鳥の中継地でもあり、春と秋にはたくさんの野鳥が羽を休めていきます。約300種程の鳥が記録されています。日本で見ることができない珍鳥・迷鳥もたびたび観察されるので、ご家族でバードウオッチングを楽しむのはいかがでしょうか?
自然と伝説の島「飛島(とびしま)」 詳しくはこちら
鳥海山・飛鳥ジオパーク 詳しくはこちら

本間美術館


本間家4代当主光道が、本間家別荘として文化10年(1813年)建築しました。
6千坪(約2万平方メートル)の敷地内は、鳥海山を背景に林泉の風致をそえた池を中心とした廻遊式の庭があります。
国指定名勝庭園「鶴舞園」をはさんで、本館と新館(昭和43年竣工)があります。
本館は「清遠閣」と称され、2階建ての銅板と瓦ぶきの建物です。江戸時代は庄内藩主のお休み処、明治以後は皇族や政府高官、文人墨客を接待する酒田の迎賓館の役割を果たしていました。大正14年には東宮殿下(昭和天皇)のお宿にもなりました。
昭和22年、市民に開放され、全国に先がけて地方都市の私立美術館として開館しました。

住所:〒998-0024 山形県酒田市御成町7-7 MAP
営業時間:
【4月~10月】9:00~17:00(入館は16:30まで)
【11月~3月】9:00~16:30(入館は16:00まで)
電話番号:0234-24-4311
HP:http://www.homma-museum.or.jp/

土門拳記念館


世界的写真家として知られる土門拳氏は、明治42年(1909年)酒田町(現酒田市)に生まれ、昭和49年(1974年)酒田市名誉市民第1号になった酒田市を代表する人物です。
全作品約7万点が市に寄贈され、個人の写真展示館としては、世界最初の同館が昭和58年(1983年)10月にオープンしました。

住所:〒998-0055 山形県酒田市飯森山2-13 MAP
営業時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
電話番号:0234-31-0028
HP:http://www.domonken-kinenkan.jp/

飯森山公園


土門拳記念館、国体記念体育館などの施設を含む大きな公園です。
ピクニック冒険広場のたくさんの遊具で遊んだりできるのも人気の理由です。初夏の白鳥池周辺には、多くのあじさいが咲きほこり、訪れる人を楽しませてくれます。

飯森山公園 あじさいの景観

住所:〒998-0055 山形県酒田市飯森山2丁目 MAP
HP:http://www.city.sakata.lg.jp/jyutaku/kouenryokuchi/kouen/dobokuazisai.html

日和山公園

日和山公園(桜まつり)

日和山公園は300年の歴史を持つ公園です。日本海が一望できる見晴らしのよい小高い丘の上にあります。
芝生の上で日向ぼっこをしたり、花見の時期には桜の下でお弁当びらきもいいですよ。

日和山公園(六角灯台と夕陽)

夏は、水に浮かぶ千石船が涼を感じさせてくれます。道路を渡って、文学の散歩道やアスレチックを楽しめる遊び場もあるので、お子さんも一緒に楽しめるスポットです。

住所:〒998-0063 山形県酒田市南新町1丁目 MAP
HP:http://www.city.sakata.lg.jp/sangyo/kanko/rejyashisetsu/hiyoriyamakouen.html

最上川下流緑地


最上川河川敷を緑地として利用しています。各種スポーツや、酒田花火ショーの会場、芋煮会の会場として利用されています。冬はスワンパークで白鳥やカモを観察することができ、一年中多種多様に楽しむことができます。夕暮れ時は絶景です。

住所:〒998-0835 山形県酒田市堤町地先外 MAP

鳥海高原家族旅行村


鳥海山の麓、標高550mの高原でアウトドア気分を満喫できるスポットです。
ケビンなどのコテージはファミリー層に人気です!縄文の火起こし体験がセットになった宿泊プランなど、探検メニューも充実しており、渓流釣りや竹のすべり台など子どもが遊べる遊具が盛りだくさん!

住所:〒999-8207 山形県酒田市草津字湯ノ台149 MAP
電話番号:0234-64-4111
HP:http://www.choukai.jp/ryokomura/

天体観測館コスモス童夢


銀色の天体ドームには、人間の目の5000倍の光を集めることができる口径50cmの反射望遠鏡が空を見上げています。お子さんと一緒に、星空観賞もいいですね。

住所:〒999-6839 酒田市土渕字甚治郎向20-2 MAP
開館時間:
【金曜日】19:30~21:30
【土曜日】11:00~17:00/19:30~21:30
【日曜日】11:00~17:00
休館日:月曜日から木曜日(祝日除く、12月1日から3月31日)
料金:100円/大人、50円/小人(小学生・中学生・高校生)、小学生未満は無料
電話番号:0234-61-4012
HP:http://www.city.sakata.lg.jp/shisei/shisetsu/kyoiku/annai_kosumosudoumu.html

オランダせんべいFACTORY


酒田米菓は昭和26年創業以来、「米と製法へのこだわり」を大切に精米からせんべいの生地づくり、包装、出荷まですべての工程を自社工場で一貫生産しています。
2015年10月に新しくオープンした全長545mの「オランダせんべいFACTORY」ではその工程を見学できるほか、お米とせんべいについての歴史や、お子さまにも楽しめるトリックワールドなどがあります!


工場と併設しているカフェでは、米粉を使ったパンケーキをはじめ、デザートを豊富に取り揃えており、お土産品販売所では、ここでしか買えない商品が多数あります!
また、おせんべいの手作り体験もでき、15種類ほどの中からお好きな味を2種類選んでお好みの味付けでお楽しみいただけます。

住所:〒998-0832 山形県酒田市両羽町2-24 MAP
営業時間:9:00~16:00(最終入場15:40まで)
定休日:年中無休(12月31日、1月1日休業※その他臨時休業有)
料金:300円/一般、200円/中学生、無料/小学生、シニア、障害者手帳をお持ちの方と介添人(65歳以上)
※団体割引あり(15名以上)
電話番号:0234-25-0017
HP:http://www.sakatabeika.co.jp/factory/

酒田市で開催されるイベント

酒田まつり


上下日枝神社の例大祭「山王祭」として、1609年から一度も休むことなく続いているお祭りで、酒田大火復興記念となった昭和54年から「酒田まつり」として開催しています。

毎年5月19・20・21日に開催されており、20日の本祭りでは、酒田のシンボルである大獅子や仔獅子、傘鉾など約50台の山車行列が練り歩きまつりを盛り上げます。
また、子どもを大獅子の口の中に入れ、噛んでもらう「獅子パックン」は子どもが健やかに育つと、毎年大勢のお客様で賑わいます。

1781年頃から、雲をつくような高さを持つ山車「立て山鉾」が競うように立ち始め、山王祭を見るため、船に乗って江戸や大坂(大阪)から多くの人々がやってきて、酒田湊はたくさんの船の帆柱で埋め尽くされたといいます。
明治時代に入り、町中に電線が張り巡らされて一時姿を消しましたが、2008年に酒田青年会議所22.36m(鳥海山の標高2236mに合わせて)の立て山鉾を復活させました。

開催場所:酒田市中心部(中町周辺)
〒998-0044 酒田市中町 MAP
国道112号⇒市役所前⇒大通り⇒寺町通り(経路変更の場合あり)
開催日時:毎年5月19日~21日
料金:無料
詳細:http://www.city.sakata.lg.jp/sangyo/mtsuri/nenkanevent/may/sakatamatsuri.html

酒田花火ショー


毎年8月の第1土曜に開催される「酒田花火ショー」は、最上川河川敷を会場に約12000発の花火が夜空に広がります。
酒田花火ショーの代名詞でもある、大水上スターマインを始め、展開幅2kmにおよぶ超ワイドスターマインと大空中ナイアガラは圧巻です。

開催場所:最上川河川公園
〒999-7775 山形県酒田市落野目 MAP
開催日時:毎年第1土曜日
電話番号:0234-24-2233 (酒田観光物産協会)
詳細:http://www.sakata-kankou.com/event/readme/firework/

黒森歌舞伎


江戸時代中期の享保年間から酒田市の黒森日枝神社に奉納されたといわれる農民歌舞伎で、280年以上もの間、受け継がれてきました。
雪の中で観ることから「雪中芝居」「寒中芝居」ともいわれ、出し物の多いこと、スケールの大きいことは全国屈指です。厳寒の社殿で、毎年旧正月にあたる2月15日、17日に奉納されています。本狂言の前には、黒森小学校児童による少年歌舞伎が上演されるのも見どころの一つです。

開催場所:黒森日枝神社
電話番号:0234-24-2994
HP:http://www.city.sakata.lg.jp/bunka/bunkazai/minzokugeino/kuromorikabuki.html

松山能


松山藩主酒井忠恒(ただつね)の時代で寛文の頃(1660年から)、江戸勤番の松山藩士が能楽を修得したことに始まりました。明治維新後、武家から町方に伝わり演能団体「松諷社(しょうふうしゃ)」によって受け継がれ、昭和55年に県の無形民族文化財に指定されました。
定期的な演能としては、1月下旬に小雪が舞う静寂の中上演される「まつやま大寒能」、昭和57年の歴史公園の竣工を記念し城門の前で上演される「羽州庄内松山城薪能」、松山藩創立期の祈願所だった皇大神社例祭の夜に上演奉納される「松山能」と、年3回行われます。
開催時期によって、開催場所が異なります。
詳細はこちらをご確認ください。

玉簾の滝ライトアップ


およそ1200年前、弘法大師が発見し、命名したとされる山形県随一の落差63mを誇る直瀑。
岩肌を流れ落ちる水がすだれのように見えることからその名前が付いてといわれております。高さ63m、幅5mから流れ落ちる滝を、ゴールデンウィークと8月の半ばにライトアップします。
夜の静寂な雰囲気の中、ライトに照らされた滝が流れ落ちる様は圧巻です。

住所:電話番号:0234-64-3115
HP:http://www.sakata-kankou.com/spot/169

酒田市自慢の美味しいものはコレ!

酒田のラーメン


大正の末から昭和にかけて、市内に広まった支那そば屋がルーツとされています。
酒田のラーメンの自慢は、
①自家製麺比率が8割を超え、多加水麺であること
(水の比率が高いほど麺が柔らかく、延びにくい。酒田のラーメンはどの店もほぼ40%以上で冬場には50%近くにもなります。関東や関西は30%台)
②すっきり醤油味!
(トビウオやカツオブシなどの魚介系ダシを基本に、豚コツや鶏ガラ等の動物系ダシ、シイタケやネギなどの野菜類が絡み合ったスープ)

酒田市の特産品

日本酒


清冽な水と澄んだ空気、豊かな土壌が育んだ特産の庄内の酒米などを原料に、伝統の技で作り上げた自慢のお酒は、蔵元ごとの個性がはっきりして、料理や好みによって選ぶのも楽しみの一つです。

寒鱈汁

1月第4週の土・日に開催される酒田日本海寒鱈まつりでは、日本酒が楽しめるイベントも開催されます!

鳥海高原ヨーグルト

鳥海高原ヨーグルト

鳥海山麓のおいしい水と空気、豊かな環境の中で乳牛たちはゆったりと育まれ、おいしい生乳を出してくれています。この生乳を低温でじっくり時間をかけて丁寧にはっ酵させたヨーグルトが作られました。
鳥海山麓の しぼりたて生乳を使用し、低温でじっくり時間を掛け、心を込めて仕上げています。コク深くも優しい酸味、滑らかな食感が自慢です。

鳥海高原牧場

中でも、「山形賛歌」は、平成28年度やまがたふるさと食品コンクール最優秀賞(山形県知事賞)受賞。
平成28年度優良ふるさと食品中央コンクール「農林水産省食料産業局長賞」受賞しました。
山形県産フルーツの果肉たっぷりなソースをのせた、二層仕立てのヨーグルトです。

オススメ記事今の季節におすすめの観光スポット!